石のやたべは創業明治3年から多くのお客さまに支えられ、お陰様で通算施工実績10万件を突破いたしました。

施工実績


【壬生町】山ノ井様
「墓地を実際に下見して、
細かな打合せをしました。」
(和型・仏式)

【宇都宮市】林様
すでにある外柵を残しつつ、
明るくすっきりと仕上げました。
(和型・神式)

【宇都宮市】錦貫様
“自然に手を合わせたくなる”
厳粛な存在感に満足。
(和型・仏式)

【都賀町】松島様
「松島家らしさ」を浮金石、
シンプルなデザイン性で実現できました。
(洋型)

【蓮田市】田邉様
お墓造りに対する熱い思いを感じ取り、それを形にしました。
(五輪塔)

 

↑このページの先頭に戻る

初めてのお石塔建立でお悩みだった山ノ井様

MEMORIAL VOICE

この度、私達家族にとりまして、お墓を造るのが初めてのことなので悩みました。
その時に他の石材業者さんも来ましたが、その中で親切丁寧に事細かくお話をしてくれた谷田部石材さんの営業担当の齋藤さんに、何から何までお世話になり感謝しております。
お墓を造るのは、この方のいる谷田部さんにと家族で話し合い決定しました。
谷田部さんにお任せして本当に良かったと感謝しております。
本当に有難うございました。

STAFF MESSAGE

墓地は有るが、お墓が無いので、故人の49日までに安らぐ場所を造りたいとの事。ご要望にお応えするべく、壬生聖地公園にご家族の皆さんとご一緒して、細かに打合せをさせていただきました。山ノ井家ご家族の温かいご協力により、無事開眼供養の日を迎えました。当日はあいにくの雪でしたが、だからこそ忘れられない日になったと思います。おばあちゃんが散歩しながら、嬉しそうにお参りされているお姿をお見掛けした時、あらためてお手伝いが出来て良かったと嬉しくなりました。今後とも末長いお付き合い宜しくお願いいたします。
齋藤 敏幸

 

↑このページの先頭に戻る

神式に合ったお石塔の建立をご希望された林様

MEMORIAL VOICE

神式にふさわしい、立派なお墓が建てられました。感謝しています。
35年位前に外柵を父が谷田部石材様に建てていただき、今度新たにお石塔を建立する事になり、家族と相談しましたが、とりあえず北山のショウルームへ家族で出かけてみました。
そこで対応して頂いた谷田部石材の柴田さんの話では、今の外柵を残して石塔を建てることを勧めて頂き、和型のお墓を建てることに決めました。
完成したお墓を見て家族一同、感謝しています。建碑式もすべてお願いし、無事に納骨も済み安心致しました。今後とも宜しくお願い致します。柴田さんには本当にお世話になりました。

STAFF MESSAGE

神道のお墓らしく、国産の白御影石を提案させていただきました。明るく、必要以上に凝り過ぎない、すっきりとしたシンプルなお墓に仕上がりました。35年前にお父様が建てられた外柵を壊すのは、大変忍びなく思ったことが今も思い出されます。少しのお手入れで、大変きれいに甦らせることができました。建碑式には沢山の方が来られて、お父様も、大変喜んでおられたことと思います。
柴田 嘉幸

 

↑このページの先頭に戻る

“形・材料・仕上げ”の全てを吟味したく、ご相談いただいた錦貫様

MEMORIAL VOICE

初めてのことだから、予備知識も無ければ方針も無かった。父の訃報が新聞に載るとお墓のダイレクトメールが山のように届いた。そのほとんどが安売りのチラシのような内容だ。それらを見ながら考えた。そして、父のためというだけでなくそれ以上に我が家の祭祀の中心を築くという意義を痛感したのである。それは遠からず自分も子供達もお世話になるかもしれない“永遠の我が家”を置くという一大事業である。紆余曲折はありながらも、最終的に谷田部石材さんにお願いすることに決めた。結果、非常に満足している。墓の前に行くと自然に手を合わせたくなるような厳粛な存在感を持ったものに仕上げて頂いた。予算もこちらの都合に合わせていただき満足している。谷田部石材さんの今まで培われてこられた伝統とノウハウそしてそれを支える方々、その総合力に感謝している。

STAFF MESSAGE

境内墓地の中でも、特に質素で気品があり、とても厳粛な雰囲気を持つお墓を完成することができました。形・材料・仕上げの全てを吟味するお客様に対して、私も全力で対応させていただきました。国内最高級の「本小松石」のお石塔と、「白河石の黒目」を外柵石に使用しました。両石とも、月日の流れの中で、徐々に風合いが出てくる実績のある石です。そして、弊社がもっとも得意とする石のひとつです。とても喜んでいただき、胸を撫で下ろすとともに、とても感動しています。
石川 静

 

↑このページの先頭に戻る

墓地の制約の中でご希望の建立を叶えたかった松島様

MEMORIAL VOICE

春の足音が聞こえる2月末に92歳で父が亡くなり、50日祭までに墓を建てる事になりました。墓地はありましたが、初めての事と急な事で心配と不安と焦りだけの日々が過ぎて行きました。
父の死後、墓のダイレクトメールは何通か届きましたが、その殆どが安売りのチラシのような内容で心に響くものはありませんでした。早く石材店を選ばなければと焦る中、「谷田部石材店はどう?」と妻が提案してきました。妻の実家での素晴らしい施工実績に裏付けされた提案でした。
早速、営業の方(柴田様・齋藤様)とお会いし、現場でお話をする中で、自分の今までの心配と不安は一掃されました。
墓地である公営の「つがの里霊園」では構造は洋式に限定され、しかも外柵は禁止されている制約の中で、即刻図面と見積りを持って、一際上品で気品のある国内産石材を提案され、工期も無理なお願いを承知して頂きました。八重桜満開の春真っ盛りの4月25日(日)、盛大な内にも厳粛な雰囲気の中で、無事建碑納骨式を執り行う事ができました。墓石の黒地の中に金や白色の斑が混じり、それが浮き出るが如く絹糸状に糸を放つ様に参列者一同感激しました。亡き父も喜んでいる事と思います。
短い工期に迅速に対応して頂き、しかも制約の多い立地環境の中で、形・石材・仕上げの全てにおいて満足できる墓を施工して頂き、霊園の中でも自慢の墓と自負しております。
ご担当の皆様を初め、谷田部石材店さんの総合力に感謝申し上げます。

STAFF MESSAGE

「つがの里霊園」の建立制約のある中にも“松島家らしさ”を実現したいというご要望に応えるべく、課長の柴田と出した結論は国産の浮金石を提案することでした。また、竿石のデザインはシンプルにし、上台には水垂れを施し、日頃の手入れがし易いよう工夫しました。建碑除幕式当日は、お天気にも恵まれ、厳粛な中にも松島家の皆さんの温かい人柄をひしひしと感じ、お手伝いをしながらも、まるで家族の一員になったかのような思いで同席出来た事は、私自身も感動いたしました。最後にお花を供えながら、ご家族の皆さんで「浮金石」について、お話されて喜んでいらしたお姿を拝見し、お手伝いが出来た事をあらためて嬉しく思いました。
齋藤 敏幸

 

↑このページの先頭に戻る

「思い出の地」での建墓をご希望された田邉様

MEMORIAL VOICE

お蔭様で、春彼岸を前に開眼式を迎える事ができました。
自分達の「終の住家」を建てるに当り、いとも簡単に考えていた事を心の中で恥じつつ、厚く御礼申し上げます。
宇都宮に墓地を・・・・・・。それは、突然な寺との出会い。住職様との偶然な係わり。
そして夫の中・高時代の思い出の地・・・・・・、夫は即決。境内墓地を求めて20年。
寺の行事には出席し、My 墓地に一礼しつつも、それ以上の感情は有りませんでした。
それが、ある日、自分達の墓は自分で整備しよう!“墓なんて1ヶ月もあれば出来るよ”と思い立ったが吉日、早速、お寺さんに申出、教えられた石材屋さんを廻った。
そんな中で、谷田部石材の熊谷様にお話を伺い、たった1?足らずの整備だが、私達の浅はかさを思い知らされ、同時に不安も覚えました。
その後、海老澤様から何度かお電話を頂き、
(1)墓地造りに対する思い入れ
(2)豊富な実績
(3)140有余年の自信は不動のものと感じました。
何故ならば、墓地を整備する人の身になって、
(1)親切な相談と連絡
(2)次へのステップに迅速かつ確実な情報と対応
(3)営業⇔設計→施工職と技術の連携が出来ている事です。
海老澤様のディレクター振りは素晴らしいです。
とても安心してお任せできました。
丸一年間のおせわ様でした。
教えられた事、資料等で一冊の「墓地造り」のファイルと、立派に出来上がった五輪塔を前に心穏やかになれた事に心より感謝しております。

STAFF MESSAGE

田邉様ご夫妻には、埼玉より何度も泉町店までご来店いただき、お打ち合わせさせていただきました。お話をお伺いする中に、田邉様のお墓造りに対する熱い思い入れを感じ、私も精一杯お手伝いさせていただきました。「お墓造り」のファイルと出来上がった五輪塔を前に「心穏やかになれた」とのお言葉をいただき、私も大変嬉しく思います。
海老澤 幸男

 

↑このページの先頭に戻る


安心のお墓保護 プレミアム会員
お香・お仏壇のしんえい堂

ページ先頭へ