創業140余年の信頼と実績

石材工事

歴史の礎を築く


初代横綱 明石志賀之助(2007年)

明石志賀之助石像建立事業

初代横綱、栃木県出身の明石志賀之助の石像を建立しました。史実に基いた等身大の御身の再現は、今にも動き出さんばかりの迫力を生み、高い評価を得ることができました。

施工場所は重機が入らない八幡山の上です。
幅1.5m高さ3.0m重さ約5トンの石像を、昔ながらの道具を使って搬入しました。


二荒山 大鳥居(2008)

宇都宮二荒山神社大鳥居

宇都宮のシンボル「宇都宮二荒山神社」の鳥居が新しくなりました。
大鳥居を支える巨大な御影石の台石を施工させていただきました。

2008年、市街地の再開発を機に大鳥居が一新されました。
土台の石工事は、早朝に大型クレーンを用いて施工したもの。


赤門(2008年)

慈光寺の赤門

63年ぶりに復興・再建された慈光寺の赤門。宇都宮の歴史を彩り、市民が心待ちにしていた街のシンボルです。敷石工事と階段石工事、基礎石工事を施工させていただきました。

戦時中、宇都宮空襲で焼失したものを、古い資料を元に復興しました。
敷石は、古式に則り四半貼りという凝った施工です。


栃木県護國神社(2010年)

石工事全般

県道(大谷街道)拡幅に伴い、境内を一新する大規模な工事になりました。
弊社では石塀工事を中心に、灯篭や石像の移転、敷石等を施工させて頂きました。

巨大な石灯篭の移設から始まり、全長200メートルに及ぶ玉垣(駒寄)石工事は、県内でも最大規模のものとなりました。

 

↑このページの先頭に戻る

石を極める者の使命

東京日本橋橋脚部石質調査(2006年)

東京日本橋

東京都より、石材に関する確かな知識と卓越した技術を認められ、東京日本橋の橋脚部の石質調査の依頼を受けました。

日本橋の石材調査を請け負いました。
この調査によって、今まで不明だった使用箇所や、新たな石種が明らかになりました。

 

↑このページの先頭に戻る

美の追求者が静かに眠る地

杉山 寧 様墓(1994年)

東京台東区 谷中霊園

日本画家 杉山寧先生のお墓です。三島由紀夫の義父としても知られています。
先生が好んだ6角形を各所に取り入れてあります。本小松石使用。

東京の桜の名所「谷中霊園」で施工しました。
神道墓の意匠を基本に、細部は芸術家のお墓にふさわしく仕上げました。


蒲生君平先生のお墓(1997年)

宇都宮市 桂林寺

「山陵志」の著者で、寛政の三奇人といわれた蒲生君平先生のお墓です。
改修工事をご注文いただきました。

大谷石や白河石といった昔ながらの石材を要所に用い、旧来からのイメージを壊さぬよう十分に注意して施工しました。

 

↑このページの先頭に戻る


安心のお墓保護 プレミアム会員
お香・お仏壇のしんえい堂

ページ先頭へ