石の種類

外国産一覧

> 日本産一覧

特徴

伝統的に良質な石材が産出される国です。
特に高級黒御影石の「クンナム」は、昭和40年代頃より輸入されており、品質も実績も折り紙つきです。
近年は丁場の開発が進み、石種も増えました。
採掘地は僻地に点在し、また地方政府の政情が不安定なこともあり、新しい石種の供給には不安が残ります。

※写真は一例です。詳細はお気軽にご相談ください。

↑このページの先頭に戻る

特徴

伝統的に良質な石材が産出される国です。
特に高級黒御影石の「クンナム」は、昭和40年代頃より輸入されており、品質も実績も折り紙つきです。
近年は丁場の開発が進み、石種も増えました。
採掘地は僻地に点在し、また地方政府の政情が不安定なこともあり、新しい石種の供給には不安が残ります。

※写真は一例です。詳細はお気軽にご相談ください。

↑このページの先頭に戻る

特徴

広大な大陸から多種多様な石材が産出されます。
本格的に輸出されるようになったのは、ここ20年ほどのことで、経年による石材の変化が予測できません。
彫刻に関して、伝統的に高い技術を有します。
経済発展を遂げた結果、価格は上昇傾向にあり、また、環境問題から突然閉鎖される丁場もあり、注意が必要です。

※写真は一例です。詳細はお気軽にご相談ください。

↑このページの先頭に戻る

特徴

南アフリカは、黒系御影材の産地として古くから良材が輸出されてきました。
日本でも昭和40年代から黒御影石が盛んに加工されてきました。現在は「インパラブルー」などが使用されています。
南アフリカの他、ジンバブエ等でも採掘が進んでおり、今後の開発が期待される地域です。

※写真は一例です。詳細はお気軽にご相談ください。

↑このページの先頭に戻る

特徴

30年ほど前は、輸入石材の大半を占め、盛んに採掘されていましたが、経済の成長により人件費が高騰。
また、中国産の台頭により現在は白系糠目石「栄州」が残るだけとなりました。
元々、慶州の石窟庵に見られるように、優れた石造技術を有する国なのですが、近年の生産量は激減しています。

 

スタッフ紹介一覧へ戻る
安心のお墓保護 プレミアム会員
お香・お仏壇のしんえい堂

ページ先頭へ